アイメイクで起こる肌トラブル!その原因と正しい対処法とは?

投稿日:

メイクの中でも大事なポイントとして重要視している人が多いのがアイメイクですが、正しい知識を持っていないと、アイメイクが原因でシミを作ってしまうこともあるんです。

印象的な目元を作り、アイメイクを楽しんでいる一方で、アイメイクによって目の周囲に様々な悩みを抱えている人もいます。

毎日のように行うアイメイクで肌がトラブルを起こそないために、原因と対策を確認していきましょう。

アイメイクが原因で起こる肌トラブルとは?

シミ

アイメイクが原因で起こる肌トラブルで多いのが、「色素沈着」と「目元の乾燥」です。それぞれの特徴を理解しておきましょう。

●色素沈着:肌を刺激することによってメラニンが大量に作られることが原因と考えられす。メラニンが大量に分泌され色素沈着が起こることで、肌のくすみや、くまが作られてしまいます。

目の周りの皮膚は、顔の中でも最も薄くできているため、摩擦など外部からの刺激や乾燥による影響を受けやすく、トラブルを起こしやすい部分です。

●目元の乾燥:肌を摩擦することが原因になります。先にも触れたとおり、目の周りの皮膚は薄く刺激に弱い部分です。

メイクやクレンジングによって肌を摩擦することで角質層が傷つき、乾燥を招いてしまいます。

なぜシミやくすみが現れるの?

肌を気にする女性

シミやくすみとなって現れる、アイメイクが原因による色素沈着はどのようにして起こるのか?

日々のアイメイクに関わる行動に原因が潜んでいます。
どんな行動がトラブルを生んでいるのか具体的に見ていきましょう。

アイメイクの洗い残し

アイメイクをきちんと落とせていなかったり、メイクしたまま寝てしまうというように、長時間肌にメイクが残ったままの場合、メイクの色素が肌に移り色素沈着を起こしてしまいます。

これが原因でシミやくすみができてしまいます。

アイメイクの間違った落とし方

メイクが肌に残るのが良くないからと言って、必要以上に力を入れて肌を摩擦することもシミやくすみを作る原因になります。

紫外線や強い摩擦など、外部から刺激を受けた肌はメラニンを分泌させ、肌を守ろうとする防御機能が働きます。また、目元の皮膚は薄いため、摩擦によって角質層がダメージを受けターンオーバーが乱れてしまいます。

通常は、メラニンが多く分泌されてもターンオーバーが正常に働くため不要になったメラニンは排出されますが、ターンオーバーが乱れると排出がスムーズに行われずメラニンが蓄積され色素沈着が起こりシミやくすみができてしまいます。

正しいアイメイクの落とし方

洗顔を行う女性

アイメイクの色素沈着によるシミやくすみは、アイメイクを正しい方法で落とすことで防ぐことができます。

肌にトラブルが起こり、症状がひどくなってしまうと、一旦アイメイクを中止しなければなりません。

また、目元のシミやくすみは、老けた印象の顔にしてしまいます。アイメイクで目元のトラブルを起こさず、アイメイクを楽しむために正しいアイメイクの落とし方を確認しておきましょう。

自分の方法が間違っていた場合は、今日から正しい方法でアイメイクを落としていきましょう。

ポイントリムーバーの使用

いつものクレンジングで落ちにくいアイメイクの場合は、ポイントメイク専用のポイントリムーバーを使うことがおすすめです。

ついつい力をいれてしまうアイメイクのクレンジングも、ポイントリムーバーを使えば優しい力で簡単に落とすことができます。肌への刺激を軽減できるので、トラブルを防ぐことに繋がります。

ポイントリムーバーを使う場合は、ポイントリムーバーでアイメイクやリップを先に落とした後、通常のクレンジングを行いましょう。

クレンジング剤の選び方

クレンジング剤はメイク汚れを落とす強い洗浄力があるため、肌への負担が大きくなります。自分の肌にあっていないクレンジングを使い続けると、カサカサしたり湿疹ができたりと顔全体にトラブルが広がる可能性があります。

新しいクレンジングを使う場合は、パッチテストを行い肌が炎症を起こさないかどうか確認してから使うようにしましょう。

また、できるだけ無香料のクレンジング剤を選ぶようにしましょう。香料はクレンジング剤に必ずしも必要な成分ではありません。できるだけ配合される成分をシンプルにし、クレンジング剤に含まれる成分で肌が影響を受けるリスクを減らしておきましょう。

ゴシゴシ洗はNG

シミやくすみを作らないためには、肌を摩擦しないことを心がけましょう。
もともと皮膚が薄い目元周りの肌を摩擦すると、肌は大きなダメージを受けてしまいます。アイメイクを落とす際は、皮膚が薄いことを頭に入れ、優しく丁寧に行うことが肝心です。

クレンジングでこすり過ぎないようにすることはもちろん、メイクをするときにもチップでゴシゴシこすることもやめましょう。アイメイクに使う道具は、肌に優しい柔らかいものを選ぶようにしましょう。

まとめ

アイメイクやクレンジングはほぼ毎日行うため、間違った方法で行っていると肌への負担が蓄積され、シミやくすみとなって現れてきます。

目元周りの肌はとても薄くてデリケートにできていることを理解して、摩擦を減らし優しく扱うことを覚えておきましょう。

アイメイクもクレンジングも肌へ負担をかけずに行えば、肌トラブルを予防することができます。トラブル知らずの肌でメイクを楽しめるように、きれいな肌を目指しましょう。

間違った洗顔方法で肌を痛めているかも。肌に負担をかけない正しい洗顔

投稿日:

洗顔はスキンケアの基本で、毎日必ず行うものですよね。
だからこそ正しい方法で洗顔することが大切です。

あなたは自分の洗顔方法に自信があるでしょうか。
実は、間違った洗顔方法は、肌を痛める原因になってしまう可能性があるんです。

「そう言われると、正しい洗顔方法って知らないかも…。」
という方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、『洗顔』に焦点を当て、間違った方法と正しい方法についてご紹介します!

洗顔の役割

顔を洗う様子

肌は約28日の周期で、ターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりを繰り返しています。ターンオーバーが行われるのは、肌表面に一番近い表皮です。

表皮は、肌表面に近い方から、『角質層→顆粒層→有棘層(ゆうきょくそう)→基底層』の順番で構成されています。

基底層で作られた新しい良質な細胞が、約28日かけて角質層へ押し上げられ、古い角質となり、垢として排出されます。

古い角質やメイク汚れなどが肌表面に留まっている状態が続くと、新しく良質な細胞は上がってくることが出来ず、ターンオーバーの周期が乱れます。

その結果…

  • 毛穴トラブル
  • くすみ
  • 乾燥
  • シミ、シワ、たるみ
  • ニキビ

など、様々な肌トラブルに繋がってしまうということです。

そのため、洗顔が重要になります。

古い角質やメイク汚れは油分です。
洗顔料は油分を分解し、汚れを洗い流すことができます。

肌トラブルを引き起こさないためには、洗顔が非常に大切ということですね!

間違った洗顔方法

注意をうながす女医

ゴシゴシ力を入れる

メイクを厚めにした日や肌のテカリがきになる場合、どうしても汚れを落としたいとゴシゴシ力を入れて洗顔してはいませんか?

先ほどご紹介した表皮内の角質層は、0.02mmと極薄
そのため強い刺激に、非常に弱いです。

力を入れて擦り洗いすることで、肌の表面は容易に傷つき、バリア機能の低下を引き起こします。
バリア機能が低下すると、外からの刺激や肌内部の水分蒸発を防ぐことができず、肌トラブルの原因となってしまいます。

お湯を使用する

お湯といっても、NGなのは熱いお湯
熱いお湯は、肌への刺激となるだけでなく、肌に必要な潤いを一緒に洗い流してしまうんです。

また皮脂と聞くと、ニキビの原因やテカリ肌の原因となるという悪いイメージをお持ちの方も多いでしょう。
しかし皮脂は、肌にとってなくてはならない存在です。

皮脂は肌表面に膜を張ることで、バリア機能の役割を果たします。

熱いお湯は、大切な役割を果たす皮脂も一緒に洗い流してしまいます。
必要な皮脂まで洗い流されてしまった肌は、防衛機能を働かせることで、皮脂をさらに過剰分泌させます。

結局テカリ肌に逆戻り!
皮脂の毛穴詰まりやニキビの原因になり、肌トラブルを引き起こしてしまうということです。

1日に何度も洗う

1日に何度も洗顔をすると、先ほどご説明した、肌に必要な皮脂や潤い成分を洗い流してしまうことで、バリア機能の低下や肌の乾燥を引き起こす原因となります。

また洗顔料には、界面活性剤という水分と油分を混ぜ合わせることで汚れを落とす強い成分が含まれているため、何度も使用することで、肌トラブルの原因となる危険性があります。

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法を行う女性

朝晩2回が基本

睡眠中は余分な皮脂が肌表面に蓄積するため、朝の洗顔は大切です。
また、夜はメイク汚れを落とす必要がありますよね。

洗顔は無駄な洗いすぎを防ぐために、朝晩2回を基本にして行うようにしましょう。

洗顔料は泡立てる

汚れを吸着するのは、泡です。
泡が毛穴の奥の皮脂や、肌表面に残っている油汚れを吸着することで、汚れは落ちます。

洗顔ネットなどを使用し、しっかり泡立てた洗顔料で顔を洗うようにしましょう。

その際、ゴシゴシ擦るのはNG
強い摩擦は、肌にダメージを与えてしまいます。

優しく、丁寧に、包み込むような洗顔をすることが大切です。
しっかり泡立てた洗顔料は、肌表面と手の平の間でクッションの役割を果たし、肌へのダメージを最小限に抑えてくれます。

すすぎはぬるま湯で

洗顔料が落ちきらずに洗顔を終えると、洗顔料の強い成分が原因で、肌トラブルを引き起こす危険性があります。

洗顔料はぬるま湯で、すすぎ残しがないように注意しましょう。
推奨されるのは、32~35℃のぬるま湯で、擦らず、ヌルつきがなくなるまですすぐことです。

熱いお湯や冷たい水は、肌にとっては刺激になりますので、あくまでぬるま湯!

髪の生え際にすすぎ残しがある場合が多いので、丁寧にすすぐよう心掛けましょう。

清潔なタオルで優しく拭き取る

仕上げは、タオルでの水分の拭き取りです。

タオルで顔を拭く際も、摩擦はNG!
優しく、抑えるように水分を拭き取ることが大切です。

また、使い回したタオルには、見えない雑菌がイッパイ!
清潔なタオルを使用することが重要です。

まとめ

毎日行うからこそ、正しい方法が大切になる洗顔
間違った洗顔方法を続けることで、肌トラブルの原因になる危険性があることがわかりました。

ただ、洗顔は美肌を保つためには基本です。
つまり、正しい洗顔方法を続けることで、美肌作りへの一歩になるということ!

これを機にあなたも洗顔方法を見直し、美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

美肌の秘訣はターンオーバーの正常化!

投稿日:

肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れかも?

ターンオーバーが美肌のカギを握っていると言っても過言ではありません。

今回はターンオーバーに着目し、ターンオーバーが乱れる原因とそれによって起こる肌トラブルについて詳しく解説していきたいと思います。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーの仕組み

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりをいいます。
皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っており、ターンオーバーは、この中の「表皮」で行われています。

表皮で新しく生まれた細胞は、形を変えながらだんだん肌表面へと押し上げられていきます。そして、バリア機能を果たした細胞は垢となって肌から剥がれ落ちる仕組みになっています。

この一連のサイクルをターンオーバーといい、一定の周期で繰り返されることで、日々新しい細胞へと入れ替わっているのです。

ターンオーバーの周期は、平均28日~56日と個人差があります。一般的には加齢による新陳代謝の低下によって、ターンオーバーの周期もだんだん遅くなっていきます。

若い頃は新陳代謝が活発で肌のターンオーバーも正常に保たれていますが、年齢とともにターンオーバーも乱れてくるため、肌トラブルが増えてしまうのです。ターンオーバーは早すぎても遅すぎても肌トラブルの原因となるため、年齢に応じた適切な周期をキープすることが大切!

ターンオーバーはキレイな肌を育てる大切な過程であり、正常に繰り返されることで、肌トラブルのない美しい肌を保つことができるのです。

ターンオーバーが乱れると起こる、肌トラブル

ニキビに悩む女性

ターンオーバーの乱れによって肌トラブルを引き起こしやすくなります。
どのような肌トラブルが起きるのか、詳しく見ていきましょう。

肌の乾燥やくすみ

正常なターンオーバーを繰り返していれば、表面に押し上げられた角化細胞が垢となって自然と剥がれ落ちていきますが、ターンオーバーが乱れて角化細胞が肌表面に残ったままの状態になると、肌が乾燥してしまいます。

また、透明感が失われ、くすみも目立つようになります。

ニキビ

角質が厚くなり毛穴を塞いで皮脂が排出できなくなると、そこに汚れが溜まって炎症を引き起こし、ニキビができやすくなります。そして、ニキビが治りにくくなるだけでなく、菌がどんどん繁殖して悪化してしまうのです。

また、肌の乾燥が進むことでも、皮脂の分泌が過剰になり、ニキビを発生しやすくなります。

肌がごわつき硬くなる

古い角化細胞が剥がれ落ちずに残り、角質肥厚を起こすことで、肌がゴワゴワして硬くなってしまいます。

シミ

ターンオーバーが乱れて、厚くなった角質が溜まったままになると、メラニン色素の排出もスムーズに行われなくなり、シミが増えたり、濃くなったりしてしまいます。

ターンオーバーが乱れる原因

顔を洗う女性

ターンオーバーは様々な原因よって乱れてしまいます。その原因をしっかりと突き止めて、肌トラブル解消への第一歩へと繋げていきましょう。

間違ったスキンケア

洗顔のしすぎや肌をゴシゴシ擦るなどの間違ったスキンケアは、肌に必要な角質細胞や皮脂さえも取り除いてしまうことになります。そうすると、肌は外的刺激から自らを守ろうとターンオーバーを早めてしまいます。

その他に、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料、肌に合わないスキンケア用品や化粧品、過度なピーリングや拭き取り化粧水などを使用して角質ケアをすることも肌にダメージを与えることになり、ターンオーバーの乱れに繋がるのです…

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンには、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」があり、この2つのホルモンのバランスが一定の周期で変化しています。

生理前になると卵胞ホルモンが減るのに対して、黄体ホルモンは増えるため、ホルモンバランスが崩れて、ターンオーバーがスムーズに行われなくなります。そのため、皮脂の量が増えて、肌が脂っぽくなったり、毛穴が詰まりやすくなったりして、肌が不安定になり、肌トラブルが起きやすくなります。

過度なストレスもまた、ターンオーバーが乱れる原因と考えられます。ストレスによって自律神経の働きが弱まると、ホルモンバランスの乱れや血行不良を引き起こし、ターンオーバーに悪影響となります。

生活習慣の乱れ

睡眠はターンオーバーと密接な関わりがあり、深い眠りについた時に成長ホルモンの分泌が活発になることで、ターンオーバーも促されます。睡眠不足の状態が続くと、成長ホルモンが十分に分泌されず、ターンオーバーも遅くなってしまい、肌細胞の修復・再生ができなくなります。

食事から栄養を補うことも、肌のターンオーバーには不可欠です。偏った食生活や栄養バランスの悪いダイエットによって栄養が不足すると、肌細胞に十分な栄養が届きにくくなるため、ターンオーバーも滞りがちになります。

まとめ

ターンオーバーは様々な原因によって肌の不調やトラブルを招いてしまうため、年齢に応じた適切なサイクルを保つことが大切です。女性にとって美肌は永遠の憧れであり、ターンオーバーを正常化させることこそが、美肌を保つ秘訣!

日々の生活習慣やスキンケアを見直して、健康的でキレイな素肌を目指していきたいですね。