洗顔はスキンケアの基本で、毎日必ず行うものですよね。
だからこそ正しい方法で洗顔することが大切です。

あなたは自分の洗顔方法に自信があるでしょうか。
実は、間違った洗顔方法は、肌を痛める原因になってしまう可能性があるんです。

「そう言われると、正しい洗顔方法って知らないかも…。」
という方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、『洗顔』に焦点を当て、間違った方法と正しい方法についてご紹介します!

洗顔の役割

顔を洗う様子

肌は約28日の周期で、ターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりを繰り返しています。ターンオーバーが行われるのは、肌表面に一番近い表皮です。

表皮は、肌表面に近い方から、『角質層→顆粒層→有棘層(ゆうきょくそう)→基底層』の順番で構成されています。

基底層で作られた新しい良質な細胞が、約28日かけて角質層へ押し上げられ、古い角質となり、垢として排出されます。

古い角質やメイク汚れなどが肌表面に留まっている状態が続くと、新しく良質な細胞は上がってくることが出来ず、ターンオーバーの周期が乱れます。

その結果…

  • 毛穴トラブル
  • くすみ
  • 乾燥
  • シミ、シワ、たるみ
  • ニキビ

など、様々な肌トラブルに繋がってしまうということです。

そのため、洗顔が重要になります。

古い角質やメイク汚れは油分です。
洗顔料は油分を分解し、汚れを洗い流すことができます。

肌トラブルを引き起こさないためには、洗顔が非常に大切ということですね!

間違った洗顔方法

注意をうながす女医

ゴシゴシ力を入れる

メイクを厚めにした日や肌のテカリがきになる場合、どうしても汚れを落としたいとゴシゴシ力を入れて洗顔してはいませんか?

先ほどご紹介した表皮内の角質層は、0.02mmと極薄
そのため強い刺激に、非常に弱いです。

力を入れて擦り洗いすることで、肌の表面は容易に傷つき、バリア機能の低下を引き起こします。
バリア機能が低下すると、外からの刺激や肌内部の水分蒸発を防ぐことができず、肌トラブルの原因となってしまいます。

お湯を使用する

お湯といっても、NGなのは熱いお湯
熱いお湯は、肌への刺激となるだけでなく、肌に必要な潤いを一緒に洗い流してしまうんです。

また皮脂と聞くと、ニキビの原因やテカリ肌の原因となるという悪いイメージをお持ちの方も多いでしょう。
しかし皮脂は、肌にとってなくてはならない存在です。

皮脂は肌表面に膜を張ることで、バリア機能の役割を果たします。

熱いお湯は、大切な役割を果たす皮脂も一緒に洗い流してしまいます。
必要な皮脂まで洗い流されてしまった肌は、防衛機能を働かせることで、皮脂をさらに過剰分泌させます。

結局テカリ肌に逆戻り!
皮脂の毛穴詰まりやニキビの原因になり、肌トラブルを引き起こしてしまうということです。

1日に何度も洗う

1日に何度も洗顔をすると、先ほどご説明した、肌に必要な皮脂や潤い成分を洗い流してしまうことで、バリア機能の低下や肌の乾燥を引き起こす原因となります。

また洗顔料には、界面活性剤という水分と油分を混ぜ合わせることで汚れを落とす強い成分が含まれているため、何度も使用することで、肌トラブルの原因となる危険性があります。

正しい洗顔方法

正しい洗顔方法を行う女性

朝晩2回が基本

睡眠中は余分な皮脂が肌表面に蓄積するため、朝の洗顔は大切です。
また、夜はメイク汚れを落とす必要がありますよね。

洗顔は無駄な洗いすぎを防ぐために、朝晩2回を基本にして行うようにしましょう。

洗顔料は泡立てる

汚れを吸着するのは、泡です。
泡が毛穴の奥の皮脂や、肌表面に残っている油汚れを吸着することで、汚れは落ちます。

洗顔ネットなどを使用し、しっかり泡立てた洗顔料で顔を洗うようにしましょう。

その際、ゴシゴシ擦るのはNG
強い摩擦は、肌にダメージを与えてしまいます。

優しく、丁寧に、包み込むような洗顔をすることが大切です。
しっかり泡立てた洗顔料は、肌表面と手の平の間でクッションの役割を果たし、肌へのダメージを最小限に抑えてくれます。

すすぎはぬるま湯で

洗顔料が落ちきらずに洗顔を終えると、洗顔料の強い成分が原因で、肌トラブルを引き起こす危険性があります。

洗顔料はぬるま湯で、すすぎ残しがないように注意しましょう。
推奨されるのは、32~35℃のぬるま湯で、擦らず、ヌルつきがなくなるまですすぐことです。

熱いお湯や冷たい水は、肌にとっては刺激になりますので、あくまでぬるま湯!

髪の生え際にすすぎ残しがある場合が多いので、丁寧にすすぐよう心掛けましょう。

清潔なタオルで優しく拭き取る

仕上げは、タオルでの水分の拭き取りです。

タオルで顔を拭く際も、摩擦はNG!
優しく、抑えるように水分を拭き取ることが大切です。

また、使い回したタオルには、見えない雑菌がイッパイ!
清潔なタオルを使用することが重要です。

まとめ

毎日行うからこそ、正しい方法が大切になる洗顔
間違った洗顔方法を続けることで、肌トラブルの原因になる危険性があることがわかりました。

ただ、洗顔は美肌を保つためには基本です。
つまり、正しい洗顔方法を続けることで、美肌作りへの一歩になるということ!

これを機にあなたも洗顔方法を見直し、美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。