『皮脂』というと、あなたはどのようなイメージを抱きますか?

「皮脂が多いと、テカってメイクが崩れる!」
「皮脂って油でしょ?いらない!」
このように、ネガティブな印象という方が多いかもしれませんね。

実は、皮脂にも重要な役割があるということをご存知でしょうか。
皮脂は肌にとって、なくてはならない存在!

そこで今回は、『皮脂』に焦点を当て、その役割や重要性についてご紹介します!

皮脂とは?

皮脂

冒頭でも少し触れましたが、皮脂のイメージというと…

  • テカリの原因
  • メイク崩れの原因
  • 思春期に分泌が増える
  • ニキビの原因

など悪いイメージを抱かれがちです。

確かにその通り!
皮脂が多いことで、様々な肌トラブルの原因となってしまいますよね。

ですから、皮脂を抑えるための努力を重ねているという方も多いでしょう。
できるだけサッパリタイプのスキンケア用品を使用したり、こまめに洗顔をしたり…。

これが、『皮脂厄介な存在』という認識に繋がります。

しかし皮脂には、他にも重要な役割があります。

  • 肌を保湿する
  • 肌を乾燥から守る

肌を殺菌する

これだけ聞いても、皮脂の印象が少し変わったのではないでしょうか。

厄介な存在である皮脂ですが、実は肌にとってはなくてはならない存在!
皮脂がなければ、あなたの肌トラブルは更に悪化し、悩みの種が増える可能性は非常に高くなります。

次項で、それぞれについて詳しくご説明しましょう!

皮脂の役割、知っていますか?

皮脂の役割

肌の保湿

皮脂は天然の保湿成分です。
肌表面に皮脂の膜を張ることで、肌内部の水分蒸発を防いでいます。

肌内部に水分が満たされていることで、肌は潤いを保ち、ハリや弾力のあるみずみずしい肌をキープしているんです。

洗顔後、化粧水をして水分を補い、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぎますよね。皮脂は、この乳液やクリームの役割を果たしてくれるということです。

皮脂がなければ、肌内部の水分は蒸発し放題!
乾燥による肌トラブルの原因となってしまいます。

肌の保護

外部にはウイルスや雑菌、花粉など、肌にとって刺激となるものが多く存在します。皮脂は、そんな外部からの刺激から肌を守る役割をしています。

皮脂があることで、肌荒れの予防に繋がっているということですね!

肌の殺菌

皮脂の主な成分は、中性脂肪である『トリグリセリド』です。
これが毛穴を通して肌表面に押し出されることで、天然の皮脂膜を作ります。

トリグリセリドは、皮膚内の常在菌によって分解されます。
その過程で、『脂肪酸』が生じ、肌を弱酸性にする役割を果たします。

肌は弱酸性の状態が保たれることで、細菌が繁殖しにくい肌環境を保つことができるんです。

つまり、皮脂により肌は殺菌することができるということですね!

皮脂の量は、多すぎても少なすぎてもNG

ニキビを気にする女性

皮脂が少ない場合の肌トラブル

皮脂が少なすぎる状態ということは、バリア機能が上手く機能していない状態ということですよね。
肌内部の水分が蒸発し、皮膚内部も外部もカラカラ乾燥状態に…。

その結果、肌のターンオーバーの周期は乱れ、新しい良質な細胞が肌表面に上がってこれず、古い細胞から生まれ変わることができません。

また、血行不良を起こすことで、美肌の元となる酸素や栄養素を肌に届けることができなくなり、ボロボロ肌に…。

乾燥によるシワやたるみ、くすみ、シミなど、老化の原因となってしまいます。

皮脂が多すぎる場合の肌トラブル

肌のテカリが気になるとき、あなたはどのような対処をしているでしょうか?

  • ティッシュやあぶらとり紙で拭き取る
  • 洗顔する

確かに直後はスッキリした肌になりますよね。

しかしこれは皮脂を取りすぎている行為なんです!

  • 皮脂が肌に少ない状態になる
  • 肌に強い摩擦が加わる

このような状況になると、毛穴達は一斉に活動を開始します。

皮脂がないことで肌を守ることが出来ず危険!』と判断するからです。
その結果、さらに皮脂を過剰分泌し、テカテカ肌に逆戻りです。

結局、皮脂が多すぎる肌になってしまうということですね。

過剰に分泌された皮脂は、毛穴に詰まり、出口を失った皮脂の下では、ニキビの原因となるアクネ菌がどんどん増殖!
あっという間に、ニキビの完成です。

このように、皮脂は少なすぎても、多すぎても肌トラブルの原因になるんです!
大切なのは、皮脂を上手にコントロールすることです。

・皮脂を取り過ぎない
・肌に強い摩擦を加えない
・保湿を十分に行う
スキンケアをする際は、これらに心がけるようにしましょう。

またスキンケアだけでなく、生活習慣の見直しも大切
・十分な睡眠
・バランスの良い食事
・適度な運動
・ストレスを溜め込まない生活
これらも皮脂のバランスをコントロールするには重要なポイントとなります。

まとめ

私達の肌と皮脂は、切っても切れない関係性です。

そして環境や体調などによっても、皮脂の分泌量は大きく左右されてしまうため、長く付き合っていくには少々厄介な存在と感じてしまうかもしれません。

しかし、悪者になりがちな皮脂ですが、実は肌にとっては大切な役割があるということもわかりました。

普段からのスキンケアや生活習慣の見直しだけで、皮脂のコントロールは可能です。これを機に、あなたも皮脂と上手に付き合い、美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか!